通信講座・通信教育の日本易学センター
HOME >> 日本易学センターとは
 

日本易学センターは、昭和52年に東京学芸大学元学長・木下秀岳先生と、易占指導家・小杉承聖先生のご協力によりわが国で初めて易学(易入門)の通 信講座を開講し、20年以上もの指導実績を誇っております。当時、一般 の人が易学を学ぶには難解な書物ばかりでした。容易には習得できなかった内容を木下・小杉両先生による入念な講座作りが実を結び、『現代易学講座』として誕生しました。開講と同時にとてもわかりやすく学びやすいと、多くの方々の好評と信頼を獲得し、全国的に受講生が広まっていきました。その後、いわゆる命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)といわれるジャンルから、要望の多い講座を次々と開講し、今日に至っております。
数千年にも及ぶ長い蓄積による東洋運命学の内容を、通信教育という新しい形をとって普及させ、修了生を一堂に会した日本易学教会では、全国に優秀な鑑定家(占い師)を続々と輩出しています。日本易学センターと日本易学協会は、これから占い師をめざすあなたを力強くバックアップしていきますので、安心して希望する占いの学習にお励みください。

 
占いの習得には、いろいろな方法がありますがおおむね教室に通 うか、通信教育を受講するかに集約されます。通学は、決められた日と時間に必ず行って学習しなければなりません。時間に融通 がきかず、用事で休むと学習に遅れがでてきます。それに、交通費や入会金、会費と費用が結構かかり経済的にも十分な余裕が必要です。その点、通 信講座は、標準の学習期間はありますが、ご自分の都合に合わせて無料で延長でき各講座修了の認定証も発行します。
占い師として自立したいのでしたら、命・卜・相はどれも必要でしょう。命の占いには気学、四柱推命学などがあり、生年月日をもとに宿命と運命を占断します。卜の占いには易学(周易)や五行易などがあり、これは、事の推移や内情を推察したり可否を判断します。相の占いには手相、人相、名相(姓名学)などがあり、最も親しまれている占いですから、常識として会得する必要があります。最近では、風水学の鑑定も盛んです。ひととおり、学んだ後、自分の得意な占法を完成させておくとよいでしょう。特に易学、気学は必修です。

 ■お問合せは
TEL 03(3945)1200(代表)
FAX 03(3945)6000(24時間年中無休)
 日本易学センター 〒112-0012 東京都文京区大塚6-15-12